福岡での外壁塗装で家を守ろう

リフォームで外壁塗装をし直すと、見た目がきれいになるだけでなく外壁の耐久性を保ち、ひいては建築物そのものの耐久性を上げることにもなります。この外壁塗装を行う上で工夫した点について、ここで少し見ておきたいと思います。外壁塗装には外壁に用いられている外壁材に塗膜を作って、直接雨露にあたることを防ぐ役割があります。こうしたことから、たとえ見た目に変化が少なくても定期的にメンテナンスすることが求められています。基本的には建築後10年ほどたつと、塗装し直すことが必要になるといわれています。一見面倒で無駄にも思えますが、外壁塗装を怠ると雨漏りして建築物の内部にまで雨がしみこんで、構造まで被害を及ぼすこともあります。そうなると大規模なリフォームとなってしまうので、定期的に外壁塗装を行って耐久性を保つことは長期的な意味で非常にメリットが高いリフォームと言えます。

外壁塗装には様々な塗料が用いられます。安さを優先した塗料から、高額ですが高耐久な塗料まで様々です。現在一般的によく用いられるのは、耐久性と費用のコストパフォーマンスに優れたシリコン塗料です。また最近では遮熱塗料や断熱塗料に光触媒塗料と言った、特殊な効果を発揮する塗料も人気です。遮熱塗料や断熱塗料は太陽光によって、外壁が熱せられる事をある程度防ぐ効果があり、光熱費の抑制につながる塗料として注目されています。光触媒塗料は外壁表面に付着した汚れなどが、太陽光に照らされることで分解されて汚れが落ちやすくなるという効果を持ちます。こうした高付加価値の塗料は費用も高額になりますが、光熱費が抑えられたり掃除の手間が省けるという意味においては長い目で見ればお得な塗料です。