住宅の劣化と雨漏り修理

住宅が古くなればなるほどメンテナンスが重要となってきますが、多くの家庭においてメンテナンスの機会はそれが視覚化しないと重い腰を上げようとしません。その一つの例が雨漏りです。雨漏りは放っておくと家の寿命を縮めることになりますので雨漏り修理は重要になってきます。 雨漏り修理をする場合には、屋根の上で雨漏り診断をします。この時原因は瓦やスリットが劣化で割れている場合や隙間などが開いてそこが原因になっていることもあります。ただ、屋根の劣化が前面に及ぶ場合は、瓦やスリットを総取りかえしなければならず、雨漏り修理だけではききません。全取りかえの場合は200万円から300万円すると言われていますので早急な雨漏り修理が必要です。

では、いざ雨漏り修理をするとなった場合どんな問題点があるでしょうか。 雨漏り修理はいざ行うとなると足場が必要になってきます。この足場はレンタル足場を使うわけですが、木造2階建ての平均程度の家の広さでも足場設置には10万円から20万円ぐらいします。 これに対して外壁塗装でもやはり足場が必要になるのです。この場合も足場だけで屋根の雨漏り修理と同じだけの費用がかかります。 そこで、雨漏り修理と外壁塗装を同時に行うことで、足場の設置費用が半分になるのです。 ただ、同時に行う場合は、雨漏り工事費と外壁工事費で80万円ぐらいかかると想定しておいた方がよさそうです。もちろん長期的に見ればこの方法はお金の節約になるのですから。